腸内環境を良くできる|血糖値という成分|一体全体原因とは何なのか

血糖値という成分|一体全体原因とは何なのか

レディー

腸内環境を良くできる

婦人

腸内環境をよくするために、乳酸菌やビフィズス菌を摂取するのがよいことは周知の事実です。この2つはともにヨーグルトから得ることができるので混同されがちですが、全く違う菌です。乳酸菌は体内のあらゆるところに存在しますが、ビフィズス菌は大腸だけに存在しています。乳酸菌は乳酸を生み出しますが、ビフィズス菌は乳酸の他に酢酸も生み出します。酢酸は酸性なので、ビフィズス菌が多く存在する大腸も酸性になり悪玉菌の増殖を抑えることができます。ビフィズス菌は何もしないと年齢とともに減少していきますが、食事によって補うことができます。ビフィズス菌が少なくなると大腸の働きが悪くなり便秘になりやすいです。便秘に悩む人はビフィズス菌の摂取に気を付けます。ビフィズス菌サプリは効率よくビフィズス菌をとることができます。

ビフィズス菌といっても1つではなく、約10種類のビフィズス菌が人間の大腸に存在できると確認されています。10種類すべてが一人の人間の大腸に存在するというわけではなく、10種類のうちのいずれかが存在しています。なので、人によって大腸内に存在するビフィズス菌が違います。よって、ビフィズス菌サプリでも人によって相性があります。他の人に効果のあるビフィズス菌サプリでも自分には全く効果のないこともあります。自分にあうビフィズス菌サプリを見つけることが大切です。ビフィズス菌は摂取しても一定期間腸内にとどまるだけで、その後は排出されてしまいます。なので、なるべく多くのビフィズス菌を定期的に摂取します。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになるので、併せて配合されているものがおススメです。